カテゴリ:日々のメモ・本の話など



何を食べるかは大事だけれど、どう食べるかも大事なことだと思う。 小学校の給食がとても辛かった。 給食当番が金属音を響かせて給食を運んでくる。 準備。配膳。45人が一斉に食べ始めるときの押し付けてくる空気。 そうした全部が堪らなかった。 給食を残してはいけないと言われた理由はいまも知らない。...

・・だけど私は   好きよこの街が   肩を寄せあえるあなた   あなたがいる           東京砂漠・前川清 吉田旺(作詞)  ★ ★ ★ タマネギが、ぬか床で少しづつ芽を伸ばしています。 もう二年越しになりました。...

遅ればせながら、新年のご挨拶を申し上げます。 皆様、新しい年を迎えてのお気持ちは如何でしょうか? 年末から原稿書きに没頭しています。 久しぶりの作業なのでまずは集中を持続させることが必要。頭の中に思い浮かぶ事柄をいつでもメモできるようにテーブルやベッド、車のダッシュボードからバッグの中まで各所にしのばせて、忘備録だらけ。...

こんにちは。 神奈川で自然農を営む「すどう農園」です。 経営コンサルタントの先生から毎年数回のアドバイスを頂いています。...
縄文をこよなく愛する先輩を訪ねて諏訪へ何度目かの訪問です。...

植物はうたう。 その体に流れる電気の変化を読み取って曲に変換して演奏する。そこに生身の人間が協演する。 その昔「月夜果実店」でお世話になった鈴木浩之君が、そんなことを試みていると知って大森まで訪ねました。...

こんにちは。 神奈川・相模原で自然農を営む「すどう農園」です。 ずいぶん久しぶりに本を上梓する運びになりました。 農文協から「石窯のつくり方・楽しみ方」を出したのが20年前ですから、月日の経つのは早いものです。 すでに当時はパソコンがあって、そのときは憑かれたような勢いで描き下ろしたものでしたが、今度はゆっくりと進めます。...

古代小麦のパスタ@量り売り・国分寺nue
こんにちは。 神奈川で自然農を営む「すどう農園」です。 毎月1回の出張講座「さとやま農学校@国分寺カフェスロー」も、終盤に入りました。 会場のカフェスローさんも、このご時世で大変なご様子ですが、ジビエを使った新しいメニューの開発など工夫を重ねているご様子です。すどう農園も、おかげさまで今年も講座を休むことなく続けることができました。...

手放す、手渡す、というライフステージにいることを自覚します。今までやりたかったこと、できなかったことを勘定書きしてみる。いまだにできないことは手放す。我執しない。もっとできそうな人たち、時間や熱意の有る人たちに手渡す。あるいは今から何かを始めるにしても、それは手渡すことを想定しての中継ぎとして手をかけるということ。...

ハーブ・薬草 · 2021/08/28
こんにちは。 神奈川で自然農のハーブや野菜を育てている「すどう農園」です。 「自給のための無農薬の野菜づくり教室・さとやま農学校」では、野菜だけでなくハーブも色々と育てています。...

さらに表示する