神奈川の里山・相模湖で、自然栽培の野菜やハーブを育てています。無添加のソースやドレッシング、ジャムの加工。さらに無農薬の野菜づくりの有機農業体験など、講座も開催しています。

農業体験イベント・講座など


その1 さとやま農学校2018コース

首都圏から日帰りの農業体験

来年の募集が始まりました。
現地での説明会あります。
詳しい内容はこちらをご覧ください。


その2 「さとやま御膳」
すどう農園の旬の素材で、
石窯の炎や田んぼの水面に囲まれて、
料理家と農家がコラボ。
単発の参加も可能です。
詳しくはこちら


その3 感謝祭「さとやま楽座2017」
農園にご縁のあった皆様に感謝を込めて。
まだ農園においでになっていない方々も、お気軽にどうぞ。
草木染やハーブの蒸留、石窯のお料理、芋煮、あれこれ、おしゃべりしながらゆるりと過ごします。
12月17日(日)11時ころから
藤野「篠原の里」にて
詳細は11月の早々に告知します。

野菜・ハーブ・加工品の新着情報


その1 有機しょうがシロップ 
人気商品「しょうがシロップ」の再開です。
高知の有機栽培ショウガと国産てんさい糖を使ったシロップ。「よそのシロップと香りが違う」と、まとめて買われる方もおいでです。
寒い季節に、どうぞ身体を温めてください。

       通販はこちら


その2 白いちじくグリルソース&ジャム
11月13日から販売です。
同じ津久井地区の中村さんが育てた「白いちじく」バナーネ種を使ったものです。極上の甘さを誇るバナーネを、ゆっくり味わってください。


その3 冬の焼き菓子セット
11月下旬から期間限定の販売です。
小鳥喫茶室さんとのコラボです。
すどう農園の「梅みそ」「桑の実ジャム」「白いちじくジャム」をそれぞれ使った、スコーン、グラノラのセットです。
お楽しみに!



自然栽培の野菜&ハーブ&加工品について

①すどう農園の野菜とハーブ、無添加加工品は、独自の通販「さとやまパック」がおすすめです。
   次回のお届けは 11月3日(金)です。土曜日にお届けも可能です。
   → お申し込みなど、詳しくはこちら

②地域の生産者仲間による共同産直の「つくいやさい」にも参加しています。
 全員すべて無農薬の少数精鋭です。
 → 詳しくはこちら

③卸のお取引について:
 ハーブは、フレッシュ・加工とも2017年の秋の作付けからご相談できます。

 加工品の卸しにつきましては、随時ご相談を承ります。

④食品だけでなく、様々な商品開発のコラボをしています。
 里山は植物の宝庫です。
 「衣・食・住・エネルギー」の様々な分野で里山は豊かな価値を持っています。
 どうぞ、里山に宝探しにおいでください。

⑤直売所はありませんので、せっかく農園にお越しいただいても直販はできません。
 農園の見学は「さとやまパック」「お醤油サークル」などの会員の方、お取引のある方に限らせていただきます。里山そのものをゆっくり感じたい方は「さとやま草木譜」がお勧めです(2018/3月開講)。
 あるいは一緒に畑の作業などしながら、合間にお話しできるときもありますが、必ずご予約のうえでお越しください。農業は手間のかかる作業ですので、農園のご案内などする余裕がありませんこと、どうぞご了承ください。


野菜づくりの農業体験その他講座・イベント


①「さとやま農学校
自然栽培の野菜づくりの基本から醗酵食品や田舎暮らしなど、農的生活への入り口。

2018年コースの募集も始めました。
詳しくはこちら

 

②新企画「さとやま草木譜(そうもくふ)」
2014年~2017年までハーバリスト鷺島広子さんと続けてきた「さとやまメディカルハーブプロジェクト」の発展形として、2018年から新講座が始まります。里山をぐるっとまわって、季節の息遣いを感じながら植物の恵みをいただく企画です。詳しい告知は11月になります。お楽しみに。
 

③新企画「さとやま御膳(ごぜん)」
小鳥喫茶室の木村陽子さんとのコラボレーションです。
季節の里山の旬の食材と対話しながら食事を作っていただきましょう。
植物の話はすどう農園が、ご飯は木村さんが担当します。
場所は東京・町田の「大谷里山農園」さんをお借りします。
すどう農園がつくった石窯もありますので、これを使っての料理もご一緒しましょう。

④新企画「さとやまオデッセイ」
プログラムのほとんどない、親子参加の自然体験です。
里山の裾野を走り回って、穴を掘ったり火を焚いたり、木を切ったり森に入ったり、泥だらけになる一年です。

⑤お醤油サークル
幻の大豆「津久井在来」を育てて無添加のお醤油に醸すところまでをご一緒に進める会員活動です。
詳しくはこちらをご覧ください。