里山で炭焼きしよう!

満員になりました

荒れた里山の遊休農地を都市部の皆さんと一緒に整えます
里山の遊休農地を都市部の皆さんと一緒に整えます@すどう農園

いまや日本全国で、耕す人のいなくなって荒れた農地(荒廃地とか遊休農地などと呼ばれます)が増えています。
とくに里山の場合、周囲から竹や篠竹が、たちまち取り囲むように生えてきます。

すどう農園も、遊休農地に囲まれているので、油断するとたちまち篠竹が地下茎を伸ばして迫ってきます。いったん篠竹に覆われてしまうとそこを畑に戻すのは人力ではほぼ不可能ですし、イノシシなどの獣たちの住処にもなってしまいます。

けれども荒れ果てた薮でも、数年かけて手入れをすることで、荒れた竹藪は段々と整った場になっていきます。
大事なことは、里山を整えながら、本来の「人と自然が関わりあいながら循環する場」にしていくことです。
里山が整えば、その場にいる人間も整ってきます。
今回は、農園のエリアに侵入してきた竹藪を、竹炭に焼いていきます(篠竹は、あらかじめ伐採しておきます)。
里山の生命力に触れながら、リフレッシュそしてリセットをしてみてください。

今回は、竹を揃えて炭焼きをする一連の流れをご一緒いただけます。
樹木と違って軽いので、お子さんの小さな力でもOKIです。できた炭は普通の炭と同じように使えますし、プランターの土に混ぜれば土の改良になります。里山と都市の循環ができます。
ドラム缶を改良した炭焼き機を使いますので、雨でも大丈夫だし、風にも安全です。これも説明します。
前に焼いた竹炭もご覧いただけます。これを使って「大地の再生」で行われている気穴も開けてみましょう。

帰りは篠竹を焼いた炭など、里山のお土産もあります。
短い時間ですが、まずは里山体験の一歩としてお越しください。
残れる方は、焚火など楽しんでいかれますよう。

数年かけて竹藪が農地に戻ってきたところです。根気よく続けます
数年かけて竹藪を農地に戻します。

日時 2024年 5月18日(土) 6月1日(土)

   両日とも満員になりました。ありがとうございます。

   午後1時から3時ころまでです。残れる方はごゆっくりしてください。
   季節のハーブや野草など、お持ち帰りください。
   多少の雨でも開催します。直前に最終のご案内をします。

参加費用 大人2000円 18歳以下の子連れは無料

     当日、現地でお支払いください。

 

お申し込み 事前の予約制です。定員8名様

 

★アクセス 

①公共機関ご利用の方~送迎します(お子様づれの方はお車でお越しください)

JR中央線・相模湖駅から神奈川中央バス
「(21系統)プレジャーフォレスト経由・三ケ木(みかぎ)行」に乗ってください。

12:35分発です。
週末はバスが混むかもしれません(遊園地プレジャーフォレストに行くため)が、もしも満員の場合には増発のバスが出ます。

  

約8分で「石老山(せきろうざん)入り口」に着きます。遊園地「プレジャーフォレスト」の次の停留所です。

バス停を降りてから信号を渡ると赤い橋があり、そこに「石老山登山口」の登山客用トイレがあります。
ここから送迎します。トイレも使えます。
注意! 同じ「三ケ木(みかぎ)行」でも「28系統(桂橋経由)三ケ木行」はご利用になれません。

★バスを乗り過ごした方
次の13時7分発のバスに乗っていただければ同じバス停「石老山入口」まで送迎します。

遅れてしまった場合はお電話をください。
090-1203-0307(すどう)

  

②車でお越しの方:駐車スペースあります
中央道相模湖東もしくは相模湖藤野IC下車、圏央道 相模湖IC下車
最寄りの目印は「帝京大学グラウンド前」です。グーグルマップは下の通りです。

https://maps.app.goo.gl/Wk2rG3GwPNs65wSu9

この先の道順はメールでお伝えします。