畑と里山 · 2020/03/30
グロテスクな様相ですが、ナナホシテントウの幼虫です。あんなに可愛い親よりも大きくて大食漢です。野菜の害虫になるアブラムシを食べてくれます。そのテントウムシが元気でいて欲しいので、このオオムギを植えました。というのも、大麦にはムギクビレアブラムシというアブラムシの一種が寄ってきます。これはほかの野菜には寄りません。そして、このムギクビレアブラムシもテントウムシやあるいはアブラバチの餌になります。アブラバチというのは寄生バチの一種で、これまた野菜の害虫になるアブラムシ全般を退治してくれるものです。そういう、いわば人間にとっての益虫が食うに困らないように、こうして大麦を植えて餌場を作っているわけです。これをバンカープランツと言います。さて、こうしたバンカープランツは、細菌のレベルでも活用されます。この動画の後半に出てくるうどん粉病を食べるアンペロマイセスという菌がいて、そのアンペロマイセスを養う雑草がバンカープランツとなるのです。詳しくは動画をご覧ください。  このように色々な利害関係者がいることで、自然界での一人勝ちというのは起こりにくくなります。生態系のシステムが安定するわけです。いま私たちが直面しているコロナウィルスとて、本来はどこか自然界の一部で淡々と存在していたのではないでしょうか。それが何かのきっかけで多様性のシステムが損なわれて、バランスを失っていま大騒ぎしているように思えます。そうなると、そもそも人類対ウィルスというような一対一で決着がつく話かどうか。考える事、しばし。
畑と里山 · 2020/03/30
こんにちは。 神奈川・相模原(相模湖)で自然栽培の野菜やハーブを育てながら農的暮らしの講座を開催している「すどう農園」です。...

ホップ「カイコガネ」の苗を取り寄せました。ホップのアーチができるでしょうか。
ハーブ・薬草 · 2020/03/29
こんにちは。 神奈川・相模原(相模湖)で自然栽培の野菜やハーブを育てながら農的暮らしの講座を開催している「すどう農園」です。...
固定種の野菜・カボチャの種取り。農業体験の「さとやま農学校・種取り隊」の皆さんと自然栽培のカボチャの種を取っています。
畑と里山 · 2020/03/28
こんにちは。 神奈川・相模原(相模湖)で自然栽培の野菜やハーブを育てながら農的暮らしの講座を開催している「すどう農園」です。 在来カボチャの種を採りました。 桃の花が咲く今は、カボチャの蒔きどきでもあります。...

世田谷で自然農をやってみましょう。一日限りではない、連続講座です。
農業体験・講座 · 2020/03/22
こんにちは。 神奈川・相模原(相模湖)で自然栽培の野菜やハーブを育てながら農的暮らしの講座を開催している「すどう農園」です。...
農業体験・講座 · 2020/03/20
春分の日に桜で草木染をしました。 こんにちは。 神奈川・相模原(相模湖)で自然栽培の野菜やハーブを育てながら農的暮らしの講座を開催している「すどう農園」です。...

自然栽培でアーシング。裸足の季節です。首都圏から日帰りの農業体験@さとやま農学校
農業体験・講座 · 2020/03/18
菜花が一面の季節になりました。 こんにちは。 神奈川・相模原(相模湖)で自然栽培の野菜やハーブを育てながら農的暮らしの講座を開催している「すどう農園」です。...
畑と里山 · 2020/03/17
毎年、この時期になると花を咲かせてくれる無農薬で自然栽培のサクランボです。可愛い花ですね。花が咲くとあっという間に実がついて、あっという間に鳥が食べていきます。サクランボは一本だけでは実がつきにくいものです。「自家不和合性」といって、種の多様性を維持するためにほかの品種から受粉することで実がつくようになります。これは、サクランボだけでなくて、同じバラ科の梅などの果樹におおむね共通する性質です。果樹というのは、初めに調子に乗って植えすぎるとたちまち狭くなる。それくらいに樹の生えるスピードは速いですね。もう1,2本欲しいなあとも思うのですが・・・どうしたものか。サクランボだけでなくて、スモモやジューンベリーも欲しいし、などなど考えだすときりがありません。いまは、こうやって考えるのが愉しい季節でもありますね。 さて、ただいま募集中の講座もかなり埋まりつつあります。どうしても固くなりがちな心身を、こんな季節だからこそ土に触れて、緩めて開いてください。そろそろ裸足になるのも気持ちの良い季節です。電磁波やストレスが、足の裏からデトックスされていく快感を味わってください。 そして4月から「さとやま農学校・初夏のショートコース」が始まります。全部で6回の講座ですが、お友達と交代で参加できるシェアグループ制度があります。ご自宅に苗を持ち帰ってのプランター栽培のフォローもします。緑萌えるハーブ園でハーブの旬を味わってください。 「東京で農業体験をしたい」という方には「街で自然農@世田谷ものづくり学校」があります。渋谷から一駅。都心とは思えない素敵なエアポケット空間はパーマカルチャーの考え方をベースにデザインされています。花や野菜や果樹に癒されてください。「手仕事」の一人者で、とても気さくで楽しい石田紀佳さんの「てしごとワークショップ」で草木染なども体験できます。 「仕事の帰りに家庭菜園や醗酵食のことを学びたい」という方には国分寺にて「さとやま農学校@国分寺カフェスロー」があります。毎回、種や醗酵素材でワークショップをしながら、講座のない日はSNSも使って、皆さんの「都会でできる農的生活」をフォローします。和気あいあいとした講座です。こちらは残席あと2名様になりました。

日帰りのハーブ体験講座「さとやまハーバルライフ」
農業体験・講座 · 2020/03/15
こんにちは。 神奈川・相模原(相模湖)で自然栽培の野菜やハーブを育てながら農的暮らしの講座を開催している「すどう農園」です。...
農業体験・講座 · 2020/03/14
首都圏から日帰りの農業体験・さとやま農学校2020のキックオフです。2015年、2018年についづいて今年も雪の初日。ゲッと思いましたが、でもこんな雪があればこそ初夏の初々しさも浸みてくるものです。ハウスの中で焚火をしながらジャガイモの説明、四葉キュウリの種まき、畝たての話、固定種ミニキャロットの移植、パクチーの種まきと、短時間で色々と展開しました。今年から日曜コースも増えてトータルで3コースに増えたので人数も余裕のある感じです。例年よりも男性が増えたこと、農業を志す若い人も増えていることなど、変化が見えてきます。時代の趨勢なのでしょうね。 そして4月からは「さとやま農学校・初夏のショートコース」も始まります。全部で6回の講座ですが、お友達と交代で参加できるシェアグループ制度があります。ご自宅に苗を持ち帰ってのプランター栽培のフォローもします。新緑の萌えるハーブ園でハーブの旬を味わってください。

さらに表示する