八重桜の塩漬け

八重桜の塩漬け。

数日前の夏日で、急に八重桜が咲き出して焦った。

例年は連休に近い花頃だから油断していたのです。
トゥルシーのシホさんに慌てて段取りしてもらって花を摘みました。

八重桜の塩漬けは、香りと同じくらいに色も大事なのです。
だから咲き染める手前の、赤葡萄色の小さなつぼみがいい。
咲いて開いてしまった花は、どうしても淡くなってしまうのですね。

こんな具合に4月は、いつもなにかしら、せわしない。

春から夏への、寄せては返す季節の波がしらに乗れるかそらすか。
そこが一にかかって要になります。

慌てたけれど、詰めることができて良かった。
この塩漬けで、梅、桃、木蓮、桜と続いた季節もひとつピリオド。

白昼夢みたいな幻夜祭みたいな花埋みの日々から青々とした野草の季節へ、

さらに野菜の季節へと暦が進みます。

0 コメント

ノカンゾウ・早春の旬

大好きな早春の旬。
ノカンゾウはユリ科の山野草。
いわゆる甘草(カンゾウ)とは全く別物です。
野焼きをした河原は草木灰がたっぷりで、そのあとに出てくるノカンゾウを根元から掘り取ります。
さっと湯にくぐらせて酢味噌でヌタ。
甘利にもシンプルですが、アクもなくて最高です。
宿根性の植物なので丸い塊根がついているのですが、これは茹でて食べます。
漢方でも何かの薬効があるらしい。
いま畑は端境期に入るのですが、こうした野山の恵みが、夏野菜の出るまでをカバーしてくれます。
そもそも野菜というのは、野草が固くなって食えなくなる時期のものではないか?
そんな表裏一体の関係ではないかとすら思うのです。
明治以前は野菜のほとんどは自給用だったことを考えれば、この関係は合理的ですよね。

イタリアやフランスでは、野草に近い野菜がたくさんあります。
種もちゃんと売っています。
セルバチコ(ルッコラの野生種)、タンポポ(ダンディライオン)、オオバコ(エルバ・ステラ)、プルピエ(スベリヒユ)、ストリドーロ(ハコベの仲間)などなど。

こうした野生を、もっと食卓に採り入れてほしいと思います。
苦みもアクも、うまくつきあっていけば、野菜とはひとつ次元の違う豊かさがあるのです。

0 コメント

梅の練り香 2回目@栞草さん

梅の練り香づくり@栞草さんアトリエ 2回目

先月漬け込んだ梅のつぼみを練り香に仕上げました。

今日はすっかり、主宰のyukino yokoyamaさんのナビゲートです。漬け込んでいる間は「大丈夫かなあ」と思えた仄かな香りが、手で濾すと「パン?」と思えるような香ばしい香りになり、そこから練り香にして肌に漬けると、すがしい梅の香りが戻ってくるのでした。いや驚いた。
草木染めの色も変幻自在だけれど、香りの振舞いにも、どうやら人の世知を越える妙があります。

さて、本日のご飯もまたまた溜息の出るもので、うちの野菜や野草も使っていただけました。光栄。

そうしてやっぱり、少人数の集いは豊かです。
これからは、こんな風にゆったり季節を味わう小さな場を大事にしていきます。
それが何よりの贅沢と思うから。

0 コメント

醤油絞りで、きあげ醤油

「醗酵の郷つくい」の今年度のファイナルイベントで「醤油絞り」を行いました。
好天のもと、一般的な仕込みのものと米と大豆をあわせて麹を醸した「米醤油」の二種類を、絞りの槽(ふね)を二台並べての壮観なイベントでした。

搾ったもろみはどちらも「石山草子農園」のもので、この一年の想いがこもったものを、お二人の絞り師さんに端正込めて絞っていただきました。

米と大豆で醸した醤油は、お米の優しい風味がします。味噌のたまりに近い優しさです。
米と大豆を醸す味噌と、麦と大豆を醸す醤油の関係については、すごく興味があります。
つまり「醤油はどこから来たのか」という一言になるのですが、これは東アジアの食文化にも広がっていく課題です。広大で深遠なテーマゆえ、少し時間をかけて考えをまとめたいと思っています。

0 コメント

梅の練り香づくり


梅三昧

花埋みの爛漫が続きます。

梅の草木染に続いて蕾と花で練り香をつくりました。
相模湖の湖畔・東海自然歩道に面した素敵なアトリエ「栞草」さんにて、地域の皆さんと静かにワークショップです。

贅沢に花を枝ごと切ってきて、皆さんと一緒に花を枝から摘み取ります。
ボウルにたっぷり、サラダみたいに盛り上げた花から蕾だけを選り分けて、こちらは乳鉢ですりつぶします。
それだけでも良い香り。本当にこの春は梅づくしです。

今日は花々を漬け込むところまでやりました。
続きは、3月に。
どんな練り香ができることでしょうか。

作業のあとは素敵なランチ。
栞草さんはレストランではないのですが、いただくご飯の素晴らしいこと。
溜息をつきながら、サプライズのローチョコまでいただきました。
オリジナルブレンドの穀物珈琲も今まで飲んだ中で最高の味わい。

散会の後は、皆さんで春の日和の東海自然歩道を歩いて行かれました。
私は加工場に戻って、しばし放心。

こんな風に身近な人たちとゆったり一日が過ごせる里山の暮らしを、しみじみと反芻しました。

0 コメント

梅の草木染め 銅媒染

先だっての投稿では媒染液のところまででした。いよいよ梅の小枝で媒染を。
何しろ枝は、たっぷりあるのです。蕾をつけていた精を魚種くした若い枝を煮込みました。
加工場で作業したのですが、清楚な梅の香りが満ちてきて、心の爛漫。

結局二晩かけて浸しと媒染を繰り返しました。

素朴な色合いです。
待っ正面から陽にあてるとほんのりとした色合いですが、太陽に透かすと色合いがだいぶ濃く感じられて、
本当は大きな布地でカーテンにできれば素敵だろうけれど、そんな大きな鍋もないので無理ですね。
いつかのときに実現しましょう。

下ごしらえは、前回の投稿の大豆とトウモロコシの合わせた呉汁です。

0 コメント

はじめて一人で草木染 媒染液の種類 銅イオン

はじめて一人で草木染め その2
媒染液を数日前に仕込みました。
銅イオンが欲しいけれども、市販の硫酸銅は劇薬だから使いたくない。
十円玉を食酢に漬けて銅イオンを取る方法だと、食酢の酢酸は5%ほどなので、溶けるのに時間がかる。
今月末には使いたいので時間が足りないのです。


そこで乳酸を試してみました。
乳酸は硫酸と違って食品添加物ですが、50%だとなかなか酸が強いのです。
それと折角の機会なので99%の氷酢酸を少し薄めたものでも試しました。
写真は0.3ミリ径の同線10gを酢酸溶液に浸したところ。気持ち、青みがかてきたようにも見えますが、気のせいかな?氷酢酸も劇薬指定ですが、硫酸や塩酸と違って薄めれば飲めるものだから採用。

今回みたいな僅かばかりの量でも、自分の台所で劇薬を使うのは嫌だし、それを肌に漬けるのは敬遠するけれど、店頭で買うようなファーストファッション
の類は、もっと多様な薬品を使って染められていて、その廃液は環境規制の緩い国々で、日本では許されないような形で廃棄されているわけです。見えないから気にしないし、なにしろ環境コストを企業が払わない分、消費者にとっても安いから、この私も買うわけですね。

衣・食・住・エネルギーと並べたときに、いま一番自給しにくい分野は「衣」ではないだろうか。なにしろ国内需要と国内供給のギャップの大きすぎること。せめて買った以上は、簡単に使い捨てしないで長く着ようと思う。

というわけで雨の日曜日、はこれまで。
染めそのものは数日後の予定なりです。 

0 コメント

はじめてひとりで草木染め 布地の下ごしらえ

はじめて一人で草木染め。
梅も今日の雨で精が昇ってくるだろうし、冬に収穫したウコンはハウスに山積みだし、青森の紅玉リンゴの皮は干してあるし、いまだに秋のイガ栗まで保存してあるというわけで、染の素材だけは売るほどあるのだから、もう春の端境期は野菜よりもこっち(染め素材)で商いたいほど。
今日は、綿の布に色がつくように、たんぱく質を展着させる地ごしらえ。
この作業ではたいてい牛乳か豆乳、大豆の呉汁などを使うようだけれど、畑の緑肥に使うデントコーン(牛の餌にするトウモロコシ)があったのでそれでを使ってみました。これも立派なたんぱく質だし、もうちょっと言えば米ぬかだって蛋白源だけど、どうしてみんな牛乳や大豆ばかりで地ごしらえをやるのだろう?
デントコーンを挽いて煮詰めたら、加工場が全部ポタージュの匂いになった。
薄めてアクを取って、布をムラのないように浸す作業を半時。
結果として、とてもポタージュな香りのする布になり、コーンのざらざら感も残っているけれど、洗いすぎると折角のたんぱく質が落ちてしまうだろうから「残心、残心」と心に留めて干しました。
豆乳でやればもっと無難なのかもしれないけれど、ちょっと外すだけでも、活字や黒板に書かれていない行間が見えてくるから面白いものです。

0 コメント

サフランの球根

「さとやま農学校2017」「さとやまメディカルハーブプロジェクト」のそれぞれ説明会を開催しています。メディカルハーブは、追加の説明会を開催の予定です。(鷺島先生はお見えになりませんが、現場を案内します)日程は追って告知します。 写真は、メディカルハーブの講座のベースになる畑でのサフランの球根です。普通は掘りあげるものですが、畑に残っていたらこんな風に古い球根の上に子供の球根が乗っかりました。 サフランライスなどにするには相当の量が必要になりますが、 新鮮なおしべを花びらごとお茶にすれば、ほんのりとサフランの香るハーブティーになります。

 

0 コメント

枯野の春

明けてから久しくまとまった雨も雪もありません。
雪がないのは結構なことですが、反動が気になります。ドカッと来るのではないかと。

畑の近くの道志川がだいぶ干上がっていて、普段歩けないところも泥を踏んでいける状態です。
写真は、もうじき相模川に合流するあたり、架ける予定で途切れたまんまの橋げたなどあって・・・
何かさびれた場末の川という雰囲気ですが。
ここはしかし、サクラも紅葉も、実にきれいなのです。

いまはただ、広がる枯れた野原が茫々とあるのも、これはこれでいいですね。
晩秋だったらアンドリューワイエスの世界だけれど、どこかそうではない春の気配のなかを歩きました。

このところ穏やかで、日暮れまで働いても寒くない。
ありがたい陽気ですが、この先空が動きださすと、こんな悠長ではなくなることだろうなあ。
あとひと月が、空模様に目が離せない季節なのです。

0 コメント