こんにちは。 神奈川・相模原で自然農を営む「すどう農園」です。 ずいぶん久しぶりに本を上梓する運びになりました。 農文協から「石窯のつくり方・楽しみ方」を出したのが20年前ですから、月日の経つのは早いものです。 すでに当時はパソコンがあって、そのときは憑かれたような勢いで描き下ろしたものでしたが、今度はゆっくりと進めます。...

自給のための自然農を学ぶ体験農園@さとやま農学校・すどう農園
農業体験・講座 · 2021/10/15
こんにちは。 神奈川・相模原で自然農を営む「すどう農園」です。 「自給のための野菜づくり教室・さとやま農学校ショートコース」も2回めを終えました。 これは9月から12月までの毎月1回だけの講座ですので、まずは土に触れてみたい人が心身を開放するための時間です。...

古代小麦のパスタ@量り売り・国分寺nue
こんにちは。 神奈川で自然農を営む「すどう農園」です。 毎月1回の出張講座「さとやま農学校@国分寺カフェスロー」も、終盤に入りました。 会場のカフェスローさんも、このご時世で大変なご様子ですが、ジビエを使った新しいメニューの開発など工夫を重ねているご様子です。すどう農園も、おかげさまで今年も講座を休むことなく続けることができました。...

自然農でトマトを育てる@さとやま農学校・すどう農園
農業体験・講座 · 2021/10/08
こんにちは。神奈川・相模原で自然農を営む「すどう農園」です。 「自給のための無農薬の野菜づくり教室・さとやま農学校」のトマトの様子です。...

「秋のお彼岸」を過ぎると自然農の畑に春草が生えてきます。@さとやま農学校・すどう農園
畑と里山 · 2021/10/04
こんにちは。 神奈川・相模原で自然農を営む「すどう農園」です。 秋の彼岸を過ぎるころ、自然農の畑では草の顔ぶれが変わります。 これまで猛々しい夏のイネ科を刈っていくと、その下からハコベやクリムゾンクローバーなどの、春先を柔らかく包んでくれる草が芽を出しています。言うまでもない春の七草ですね。つまり秋こそは春の始まりなのです。...

来年に備える地ごしらえの作業@さとやま農学校・すどう農園
農業体験・講座 · 2021/09/30
こんにちは。 神奈川・相模原で自然農を営む「すどう農園」です。 「自給のための無農薬の野菜づくり教室・さとやま農学校」も、早いもので最終コーナーにかかります。 夏野菜はまだ元気なのですが、一方で半年先の夏野菜の準備も進めます。...

手放す、手渡す、というライフステージにいることを自覚します。今までやりたかったこと、できなかったことを勘定書きしてみる。いまだにできないことは手放す。我執しない。もっとできそうな人たち、時間や熱意の有る人たちに手渡す。あるいは今から何かを始めるにしても、それは手渡すことを想定しての中継ぎとして手をかけるということ。...

相模原の里山で自然農を学ぶ体験農園@さとやま農学校・すどう農園
農業体験・講座 · 2021/09/26
こんにちは。 神奈川・相模原の里山で自然農を営む「すどう農園」です。 今年は残暑と雨が混じっているので、気温の変化は大きいけれど、彼岸までずっと残暑が続く年に比べればずいぶん楽です。 ただしお米農家さんにとっては、最後の太陽の追い込みが少ない分、稲刈りには厳しい季節でしょう。...

古代米の自然農@さとやま農学校・すどう農園
畑と里山 · 2021/09/23
こんにちは。 神奈川・相模原で自然農を営む「すどう農園」です。 古代赤米の収穫が始まりました。今年で3年目になります。 国分寺の赤米プロジェクトのみなさんからお分け頂いたものですが、陸稲で全くの無肥料の自然栽培。それでもしっかりと穂をつけてくれます。逞しいものですね。...

自然農法の野菜作り教室@さとやま農学校・すどう農園
畑と里山 · 2021/09/22
こんにちは。 神奈川・相模原で自然農を営む「すどう農園」です。 長雨を抜けてやっと秋晴れ。久しぶりの晴れ続きは太陽が強く感じます。 「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉どおり、太陽が低くなったぶん、横から照りつけるような日差しはキツイですね。 雨で出遅れた感のある種まきも、いま追いつくチャンスです。...

さらに表示する