冬のほっこり温室サークル

温室で春を待ちながら、たっぷり苗を育ててみませんか
野菜やハーブや花の苗を無農薬で育てましょう。

家に苗づくりのスペースがない。


冬でも北風の来ないところでしずかに土を触りたい。


苗作り・品種のことなど、基本的なところから知りたい。


いままで作ったことのない植物を、少しづつ色々とチャレンジしたい。

そんな皆さんのためのサークルです。


冬の温室の暖かさ、心地よさをどうぞ味わってください。
夏の畑とは違う世界があります。

作業の合間に、お茶しながら植物談義もしましょう。

この冬から別講座「火と暮らす」で、同じハウスに薪暖房(ロケットストーブの大型)を作りこみます。それと並行して、冬の農作業を楽しんでください。

温室サークルのご説明

すどう農園が毎年秋から春にかけて育苗しているビニールハウスの一部を、

冬の間だけ、皆さんと植物を育てるスペースにしたいと思います。

種でも、あるいは苗の冬越しでも、皆さんの目的に応じてご一緒しましょう。


冬のビニールハウスは、日中は晴れればTシャツ一枚になるほどの暖かさです。
ただし真冬の夜明け前などは零度近くに下がりますので、
熱帯植物などは向きませんが、今年はもうひとつの「火と暮らす」の講座のなかで、
温室用の薪暖房を創る予定ですので、そちらの具合もみながら、
暖かい冬を過ごしたいと思っています。

期間はだいたい、10月からから3月いっぱいを目安とします。
遅霜や春の雪など心配なときには延長もします。
育った苗は、春になったら卒業して、お持ち帰りいただけます。

細かいことは、ご一緒にやり取りしていきたいと思いますが、
皆さんと一緒にハウスで植物を育てるという、
この楽しさに一点を絞って進めたいと思います。

月に一回程度の緩やかな共同作業の時間も設けます。
その時には送迎ができますが、
それ以外の日にも、好きなように通ってくだい。
但し講座以外の日は、送迎はできませんのでご了承ください。

共同作業日の日程
講座ではないので、参加する&しないはその時々でご自由にどうぞ。
共同作業以外にも、冬はハウスを使う時がほとんどですので、たいていいます。
お気軽にお越しください。慣れてきたら私がいなくても使っていただいて結構です)


2018年 共同作業日
9月30日(日) 種まき
10月7日(日) 苗の定植など
11月4日(日) 植物の手入れ
12月2日(日) 植物の手入れ 
2019年
1月、2月、3月の日曜日を予定しています。
雪が降ったりもしますので、この辺は状況に応じて無理なくやっていきましょう。
時間はいずれも10時ころから2時くらいまでです。
駐車スペースあります。


ランチについて

基本的にはご持参いただく形になります。
お湯は沸かせますので、お茶でもどうぞ。
温室のハーブを摘んでその場でハーブティーにするのも贅沢ですね。

ひとつ嬉しい企画ですが、
昨年「さとやま御膳」でお世話になった料理研究家の木村陽子さんも参加されるのですが、
折々に「さとやま一善」と題して簡単な野良ご飯をつくりましょうか、というご相談をしています。その場にあるものをちょこっとあわせて、温かいごはんを炊きます。
昔ながらの農家になった気分で、どうぞ。


冬のほっこり温室サークル
募集概要


期間 2018年 9月20日ごろから2019年3月いっぱいくらいまで。
厳密な区切りはしません。天気の様子を見て皆さんとご相談しましょう。

・費用 ひと家族 1万8千円(税込み)
    分割のお支払いもOKです。ご希望のお支払いパターンをご相談ください。
・費用に含まれるもの 種苗の管理費用(水やりなど) 
           こちらの種でたくさんあるものは、お分けします。
           育苗ポット・トレイなどもあります。
・ご用意いただくもの ご自身の好きな種苗 (すでに種まきをしたポットの持ち込みも可)
作業のときの軍手やタオル、おやつ、ランチ、飲み物などはご持参ください。 

その他、細かいところはお問い合わせください。
あるいはご希望もお寄せください。
皆さんと場をつくっていきたいと思っています。

冬のほっこり温室サークル

分割払いをご希望の方は、メールをください。

¥18,000