さとやま農学校@国分寺カフェスロー(仮称)

都会から農的生活に、少しづつつながりたいと思う。

すどう農園(相模湖)まで通えないけれども、
できることを始めたい。

同じ気持ちの人たちと情報交換をしたい。

そんな皆さんを対象とした講座です。

頑張ることより続けること。楽しく進めましょう。


趣旨

都会でできるところからライフスタイルを農的生活に少しづつシフト。
小さく野菜・ハーブを育てる。
醗酵食(味噌・醤油・酢・自家製酵母)を手づくりしてみる。
仲間とシェアして情報交換。
はじめに一冊、まっさらなノートを配ります。
一年かけて書き込むのは:

いまの自分
行き詰っていること
望んでいること
できないでいること
できたこと
ホームワークの結果 などなど
一年たって、ノートがどんなふうに埋まっていくか、最後にシェアします。

国分寺カフェスローでの月一回の講座と、ホームワーク
インターネットでの相談、そしてときには希望すれば里山の「すどう農園」での
限定イベントも企画します。


概要

 

期間 2019年4月~2020年3月


コンテンツ
その1 

カフェスローでの毎月1回の講座

毎月第二木曜日 19時~21時 
定員20名(大人のみ)
 

第1クール 
 

4月~9月 
   自己紹介。農的生活のあらまし。

   種まきの実演
   折々のさとやま植物の紹介・使い方


   醤油づくりの話&醤油もろみの配布
   各自が家に持ち帰って、一年醗酵と熟成をさせる
   薬草の配布 使い方を教わる
    

   里山植物 桃の葉 柿の葉 桑の葉 それぞれを配布
   使い方を教わってホームワーク

 

   大豆の種まき
   種麹の配布   
   甘酒、酒だねの造り方について~ホームワーク
   薬草の配布 使い方を教わる

 

   自家製の堆肥をつくろう~コーヒーで香りよい堆肥づくり

   秋野菜の種まき

    

第2クール 10月~3月 
    種まき・挿し木など
    新規の人の自己紹介。これまでのシェア

    すどう農園の在来野菜の漬物づくり
    (カブのすぐき漬・たくあん・キムチなど)
    

   保存食の基本・作り方(ソースやジャム)

   糀づくり(基本をレクチャしてホームワーク)

   糀づくりのシェア

   まとめ・これからのビジョンの共有


コンテンツ その2
・本講座の合間に、受講生と同じ課題を持ち帰っての経過報告を写真もしくは動画でアップ
・ZOOMによる質疑応答・フリートーク(例えば第4木曜の夜とか)


コンテンツ その3
受講生限定のオープンファームが受講できます。
通信講座のスクーリングに相当します。
じっさいの畑を御案内します。
経費が一部かかります。


参加費 

通年の参加 60,000

1クールのみ(4から9月)   35,000(材料費込み)

 

2クールから(10月から3月) 35,000(材料費込み)


特典
すどう農園では、各講座の受講生に限定しての課外講座をやっています。

一般公開になると、どうしても知らない同士の大勢で、その日限りのイベントに終わってしまいます。何だか消化不良の感じがしてしまいます。
そこで「すどう農園」では単発のイベントはしていません(かつては色々やっていたのですが、そのころの経験を経て、いまはやめました)。
今回のような連続性のあるご縁の方だけでのイベント開催としています。

各講座の受講生が自主的に内容を考えてワークショップを開催する「さとやま楽座」や
「石窯パン焼き講座」「ヒツジをさばく会」「草木染め講座」など、毎年ごとに皆s何からのリクエストもいただきながら、こうした課外講座に参加できます。

参加費は別途かかります。


経費についてのメモ
※材料費については、参加費にインクルードとして、すどう農園への報酬の中から支払う。
※※ 任意のものとして非公開のFBグループもつくる。