雪と迎え火

雪の日のささやかな楽しみ。

降り出した頃合いに、畑に積み上げた枯草を燃やす早春の儀です。

地域によっては虫送りといって、収穫を終えたころに、松明を掲げた行列が山に登って、
虫すなわち災いの象徴を山の上に送り返す風習もあるのですが、この地域には、新春のどんど焼きがそれに近いものでしょうか。

すどう農園の場合、空の雪には地の火を焚いてお応えする趣向で
、やがての春を待ちます。

数年ぶりのしっかりした雪です。
これを過ぎ越して、さて今年はどんな年になるでしょう。

平安と豊穣を祈ってしばし。