さとやま農学校「ごちそうさま」

さとやま農学校で育てて収穫した野菜のレポコーナーです。こんな風に野菜を作って食べています。(2020オープン)

無農薬自然栽培の農業体験・首都圏から日帰り
2020年3月14日・土曜コースはみぞれ雪の中で開講しました。大きく育ったケールの様子を見て、皆さんお好きなパーツをお持ち帰りです。
コメント: 5
  • #5

    かまたき (日曜日, 29 3月 2020 20:02)

    【宿儺南瓜】
    ・ねっとり系
    ・鮮やかな橙色
    ・芳醇な香り(種取り用に熟させたから?越冬したから?いい環境で育ったから?)

    <南瓜の煮物>
    水のみで煮ただけ。笑
    なのにとてつもなく甘かった。
    冗談抜きで。
    一度は食べてほしい。
    土地確保出来たら自分でも作りたい…

    【菜の花】
    ・家の近所だと高いから本当嬉しかった
    ・畑も食卓も華やぐ春のお告げ人

    <ナムル、炊き込みご飯、みそ汁>
    「茹で汁が昆布出汁並みの旨味が出る」っていう噂話が気になっててついに実現。
    確かに、ご飯もみそ汁もいつもと違う感じ。
    ナムルは舞茸と一緒に。苦みと色味がいいアクセント。


    今回もご馳走様でしたm(_ _)m

  • #4

    ひらつか (木曜日, 19 3月 2020 07:45)

    ケールと小松菜の菜の花、手作りベーコンとチーズと塩胡椒合わせて、パスタにしました�
    美味しい‼️
    パンチ強め編でした✨✨

  • #3

    リン宏美 (火曜日, 17 3月 2020 12:29)

    ●濃い色のケール
    千切りにして、塩・ごま油・海苔を揉んで軽く和えてサラダに。
    ケールの味が力強くとっても美味しかったです!
    ●薄い色のケール
    クリームパスタに入れたら美味しかったです。苦味が菜の花にも似ていました。

  • #2

    内藤 雅之 (日曜日, 15 3月 2020 20:39)

    さとやま農学校では定番なのでしょうが、私はたぶん初めて食したと思います。黄緑色の若い葉をいただきました。巻きキャベツにはない独特の味わいがありますね。

    ◼️じゃがいもとケールのソテーガーリック風味
    1 .フライパンにオリーブオイルをひいて、弱火で刻みにんにくを炒め、
    2.レンジで熱を通したキタアカリを加え、塩とブラックペッパーで味つけ、少し焼き目をつけ、
    3.大きめに手でちぎったケールを合わせ、さっと炒める。
    4.お皿に盛り、パルメザン粉チーズをかける。

    ケールは炒めすぎないことがポイントかなと思いました。シンプルな調理ですが、初ケール、美味しくいただきました。

  • #1

    山岸 裕子 (日曜日, 15 3月 2020)

    生で食べると、色の濃いケールは食べやすかったですが、色の薄いケールは辛味が強く苦味も少しあって、大人の味でした。
    まるでわさびを食べた時の様な感じでした�

    生は、ドレッシングやマヨネーズが合うと思います。
    我が家のドレッシングは、酢・醤油・油(えごま油)です。
    マヨネーズは豆乳マヨネーズを使っています。
    翌日のケールはだいぶ辛味がなくなり、食べやすくなりました。

    ●「ケールの茎の油揚げと人参炒め、山椒風味」
    ケールの茎を斜め切りにして、人参を厚めに切り、油揚げと一緒に米油で炒めました。
    味付けは、自然塩・醤油・山椒の粉を少し入れただけです。

    ●「ケールの葉で巻いたおにぎり」
    握った塩おにぎりに大きなケールの葉っぱを巻いて、醤油と豆乳マヨネーズをかけて食べました。

    ●あと、味噌汁にも茎を斜め切りにして入れました。


    色の濃いケールの茎は、硬くて包丁でも切りにくかったので、食べられませんでした。

    色の薄いケールの茎は、皮をむけば美味しく食べられました。むいたらブロッコリーの茎のようにホクホクで美味しかったです!