トマトの種とり(自家採種) 自生え選抜

トマトの種とり。
毎年、大玉トマトの「世界一」を種取りしているのですが、
それとは別に中玉のトマトを「自生え」といって、昨年こぼれた種から自力で出てきたトマトの株を育てて、そこから種を取り始めました。

 

固定種・在来種の種はもちろん市販もされていますが、本来の意味では、あくまで自分の土地で適応したものを「固定種」というべきです。種取りをせずに毎年買っているのでは「固定種」と言おうと「在来種」と言おうと、言葉の意味が半減します。

 

じっくり熟した果実を、ここから醗酵などの手間をかけて種取りします。トマトは種を取り囲んでジェリー状態の物質があり、これは自然界で地面に落ちたトマトがすぐに発芽しないように(冬が来て枯れてしまうから)ブロックをかける物質を含んでいます。それを除いて、乾燥、冷蔵して来年の種まきにつなげます。

年々、一歩づつ土地になじんでいく種取り野菜たち。
どんな味を見せてくれるのでしょうか。