初めてのお醤油搾り

お醤油サークルが、初めての醤油絞りです。

搾り袋に入れる醪の量、押し加減など試行錯誤しながらですが、フェノミナラボの堀井さんと広田さんにお立合いいただいて、とても良い感じで搾れました。

大人も子供も一緒に搾れるというのは、いいものですね。
何しろシンプルな仕組みが良い。

お醤油サークルは、これで大豆の種まきから収穫、仕込みまでのサイクルを一通り体験できました。

これから、この循環を改良しながら、年々歳々つづけていくわけです。

ここまで手を携えてくださったお醤油サークルの皆さん、フェノミナ・ラボの堀井さんと広田さん、もろみを仕込んでくださった埼玉・中沢食品さん。
改めてありがとうございます。