カテゴリ:里山ぐらし



里山で農業体験@さとやま農学校・すどう農園
農業体験・講座 · 2021/09/02
夏の猛暑の空から一転して、空は秋の気配です。 こんにちは。 自然農で野菜やハーブを育てる「すどう農園」です。 8月を遠くへ蹴飛ばしたような9月の空を、皆さんどのような心持ちでお迎えでしょうか。 圧倒的な太陽にさらされていた農家としては、この涼しさは何より嬉しい。 一日の長さ、時間の濃密がまったく違います。...

2021/08/22
お隣りの山梨・大月で開催された「大地の再生」に参加しました。...

ナラ枯れの山・2021年8月の神奈川県相模原市
畑と里山 · 2021/08/17
ナラ枯れが広がっています。 夏の山に紅葉のように点在する風景が異様です。 由々しき事態ですが「何が原因でどうすればいいか」といった単線系の因果律にもとづく処方は、そのような考え方がそもそも、無数の因果が多変数で相乗作用する自然界では簡単には通用しないと私は思っています。...

ハーブ・薬草 · 2021/07/31
クサギ(臭木)の花が咲き始めました。 10月ころになると、なんとも言えない美しい青紫の実をつける樹です。 優しげな外見とは裏腹に、台風に直撃されても実は落ちません。 台風一過の空に静かに佇む気配を秋になるたびに驚きながら眺めます。

農業体験・講座 · 2021/07/19
こんにちは。 神奈川で自然農の野菜や果樹を育てている「すどう農園」です。 「自給のための無農薬の野菜づくり教室@さとやま農学校」も夏の盛りに入ります。 なんと言っても今年は、無理なく夏を過ごせるようにしていくことが一番の目標ですね。 コロナの疲れは自覚していないところにもあることでしょう。...

下駄を投げてお天気を知るように暮らし あれはあれで良かったと 言ってみるけれど       ~「時よおやすみ」 中山ラビ...

畑と里山 · 2021/06/29
レコンキスタ(失地回復)・・・ という十字軍みたいな言葉が浮かんできます。 イノシシに荒らされて、その後に鬱蒼と篠竹が攻めてくる里山と森の境目(エッジ)。 ここで「さとやま農学校」の修了生の皆さんと大豆をまくことになり、そのための鹿よけのネットを張りました。この日は途中までの作業です。

ハーブ・薬草 · 2021/06/25
こんにちは。 神奈川で自然農の畑でハーブや野菜を育てている「すどう農園」です。 梅雨の季節は、花々が濡れて輝く季節。 森でも畑でも、それぞれに、思うままに生命を謳歌する花の饗宴です。...

マダケの皮を取る@すどう農園
畑と里山 · 2021/06/12
マダケが随分伸びてきました。 すっかりタケノコの季節(人気があるのは孟宗竹ですが)も終わりましたが、すどう農園の周辺はマダケが多い。 私はタケノコにはあまり興味がありません。あれば美味しくいただきますが、全く食べずともいいくらいです。 むしろ皮が欲しい。 モウソウダケではなくてマダケの伸びたところを剥いて洗って乾かして平らにする。...

農業体験・講座 · 2021/06/01
6月に入りました。 なんとか「5月の梅雨入り」という異例の事態は避けられたようで少し安心です。 つい最近の天気予報で「これが今年の最後の五月晴れ」というような表現がありました。 ところがしかし、本来の五月晴れの意味は「梅雨の合間の5月のように晴れた空」というものです。 つまり五月晴れの空は、これからなのですね。...

さらに表示する