カテゴリ:種取り・固定種・在来種



固定種・在来種のカブの種取りなどの野菜作り教室「さとやま農学校」
畑と里山 · 2020/06/06
こんにちは。 神奈川・相模原(相模湖)で自然栽培の野菜やハーブを育てながら農的暮らしの講座を開催している「すどう農園」です。...

固定種ニンジンの種取り
畑と里山 · 2020/05/29
こんにちは。 神奈川・相模原(相模湖)で自然栽培の野菜やハーブを育てながら農的暮らしの講座を開催している「すどう農園」です。...

ジャガイモの育て方・野菜作り教室「さとやま農学校」
農業体験・講座 · 2020/05/04
こんにちは。 神奈川・相模原(相模湖)で自然栽培の野菜やハーブを育てながら農的暮らしの講座を開催している「すどう農園」です。...

畑と里山 · 2020/04/20
こんにちは。 神奈川・相模原(相模湖)で自然栽培の野菜やハーブを育てながら農的暮らしの講座を開催している「すどう農園」です。...

畑と里山 · 2020/04/18
こんにちは。 神奈川・相模原(相模湖)で自然栽培の野菜やハーブを育てながら農的暮らしの講座を開催している「すどう農園」です。...

固定種のダイコンの種まきです。品種は「みの早生」と「ときなし」どちらも非常に古い春まき用の品種です
農業体験・講座 · 2020/04/01
種まきの季節です。お彼岸を過ぎて桃の花が咲きました。コロナウィルスのために不要不急の外出は控えていますが、ダイコンの種まきは不要不急どころか今やらなければいけない大事な作業です。ましてこの先、色々なものが足りなくなる恐れがあります。社会を支えるものづくりやサービスの、何がどう足りなくなるのか誰にも読めません。農家に今できることは、いつもと同じです。種をまくこと、育てること。今食べられるものを収穫すること。農家にテレワークはありませんが、むしろやるべきミッションがあること、しっかり立つ場所があること、地面があること、そのことを嬉しく思います。   「さとやま農学校」も講座は中止なのですが、車で直接来られる受講生さんと折々に距離を取りながら作業をしています。むしろ都会の自宅にこもって情報にぐるぐるに覆われているよりも、いっとき情報を遮断して土に触れることの方がよほど健全でしょう。こもったままの生活は精神的に非常に堪えるし、それがひいては免疫を低下させるリスクがあります。   だから本当は「誰でも畑にどうぞ」と言いたいくらいですが、そうなるとまた過密状態になりかねないところが苦しいですね。そんなことを考えながら「さとやま農学校」の受講生の方と二人きりでダイコンの固定種の種を蒔きました。品種は写真にある「みの早生」と「ときなし」の二種類です。どちらも非常に古い品種です。3枚目の図は1949年つまり戦後間もないころの本ですが、ここにも両方の名前が見えます。戦前からある固定種のダイコンと言えましょう。

農業体験・講座 · 2020/03/08
こんにちは。 神奈川・相模原(相模湖)で自然栽培の野菜やハーブを育てながら農的暮らしの講座を開催している「すどう農園」です。...
農業体験・講座 · 2020/02/28
こんにちは。 神奈川・相模原(相模湖)で自然栽培の野菜やハーブを育てながら農的暮らしの講座を開催している「すどう農園」です。 冷たい風の吹きすさぶ中ですが、間もなく旧暦の立春。種まきが始まっています

さらに表示する