· 

エルダーフラワーとカミキリムシ

無農薬栽培のエルダーフラワー@すどう農園
無農薬栽培のエルダーフラワー@すどう農園

こんにちは。

 

神奈川・相模原(相模湖)で自然栽培の野菜やハーブを育てながら農的暮らしの講座を開催している「すどう農園」です。

 

台風の来る前にハーブ園の草刈りです。そろそろ多年性のハーブたちも冬支度。
今年お世話になったエルダーフラワーの株元もきれいにします。基本的に樹木には下草を程ほ度に生やしておくものですが、冬の間に害虫の幼虫がぬくぬくと根元で冬越しするのは好ましくありませんから、株元の周囲の半径1mくらいは刈りはらってきれいにします。その外周に枯れ草などを敷いてマルチにします。
今年たくさんの花をつけてくれたエルダーにお礼を言おうとしたら、どうも気の様子が変です。こういう時は何処か雰囲気でわかるものですね。枝を触ってみると、太い幹がぐうっと曲がって折れました。折れたところを除くと、下の写真のような洞になっています。おそらくカミキリムシでしょう。幼虫が中に入って食い荒らすのです。クリもイチジクも、この連中には大変な目にあわされます。私たち無農薬栽培にとってはとても厄介な相手です。キツツキなどの鳥がたくさんいれば、コツコツと幹を突いてほじくりだしてくれるのでしょうが、なかなかいない。たまに幹に空いた穴を見つけたら長い針金を突っ込んで中にいる幼虫を刺したまま引きずり出すこともありますが、今回は既に逃走の後でした。いわゆるモヌケの殻です。

折れた枝がどれほどのものかは、上の写真の手前に写っているのでお判りでしょう。何年もかけてここまで伸びてきた枝が、虫一匹でこうなってしまう無念。
 

今年は「白イチジクのステーキソース」の素材になる白イチジクも、カミキリムシの被害が甚大なために作れずにいます。全国的には水田でウンカが大発生しているというし、やはり長い梅雨と猛暑で虫が増えているのでしょうか。

無農薬栽培のエルダーフラワー。カミキリムシに食われた幹@すどう農園
無農薬栽培のエルダーフラワー。カミキリムシに食われた幹@すどう農園

自給のための無農薬の野菜作り教室・さとやま農学校」でも、来年度からはコンテナでの果樹栽培を含めていこうと思っています。一年生の野菜だけでなく地下茎で増えるものや果樹などの多年生のメンバーがあると奥行きが出てきます。冬の作業もひとつ増えて一年中楽しめます。さとやま農学校の説明会も11月から始まりますが、だいぶお申込みが来ているので1月も開催するかもしれませんが、それ以前に退院になった場合には締め切りとさせていただきます。11月になれば台風も収まってすっきりした風景が広がることでしょう。どうぞお気軽にご参加ください。