· 

新講座「さとやまボタニカル」に向けて

こんにちは。

神奈川で自然栽培と農業体験を開催している「すどう農園」です。


夜と雨があけて朝と太陽。

蒸せてのぼる砂霧(さぎり)の心象。
 
数メートル先が見えないほどの水の化体は、
カメラを構えなおす刹那に晴れ渡って、もういません。
 
空が水が動きだす季節。
菫の青が薫る季節。
蹴り跳ねる枯草の下に緑が一面萌える季節。
 
今日くらい暑くなると、
ペースも控え気味にいかないと。
これから梅雨までが長いのだから。

「さとやま農学校」がほぼ埋まってきたところで、

新企画「さとやまボタニカル」の準備も進めています。
里山の植物を宝探ししながら、ときに摘み草をしたり、
あるいは苗を植えて「食べられる庭」「五感でつながる庭」なのですが、
ガーデニングという言葉にまとめるには収まりきらない、
植物世界と対話しながら小さな宇宙をつくる試みです。

すどう農園では今年(2019年)も、農的くらしの楽しさを感じていただく農業体験講座・企画を用意します。

 

 

首都圏から日帰りの農業体験「さとやま農学校」の説明会も2月いっぱい開催中です。