さとやま楽座2018

すどう農園の様々な講座の皆さん、関係者の皆さんが一堂に会して交流する「さとやま楽座」が、今年も行われました。
「さとやま農学校」「さとやま草木譜」「さとやまハーバルライフ」「さとやま御膳」
本当にたくさんの方々のご縁のなかで、この農園があるのだなあと、
毎年しみじみ思うものです。
楽座でのワークショップは皆さんの自主的な企画によるものですが、
本当に素晴らしい才能と多様性。いつも驚きます。
そしてこれほどの方々が「農」という場に集まってくるという時代の意味も。

農の世界、さとやまの世界の多様で多彩なこと、
都会でともすれば見失いがちな、自分らしさの暮らしを考えるきっかけは、
そんなに難しいことではなくてむしろ、小さなことでも手を動かし、
その手で人とつながることにあると思うのです。

まず午前中は、
大和真由美さん(暮らして主宰)による羊毛のつむぎ(スピンドル)
渡辺美香さん(小鳥喫茶室)による石窯でのベーグルづくり。
どっちも、一日ジックリやりたいところの、触りでしたが、この先またじっくり構えて続きをしましょう。以前不定期でやっていたパン講座、どこかでやりたいですね。

ランチは
「さとやま御膳」でお世話になった小鳥喫茶室の木村陽子さんの石窯ビュッフェ
「さとやま農学校染め部」山口さんによる羊毛のフェルトづくり
「さとやまハーバルライフ」東條さんによるハーブ石けんづくり

「さとやま農学校」福井さんのフリーマーケット
「さとやま農学校種とり隊」による種取り(エゴマとタカキビ)
「さとやま農学校」植田さんによるキムチ(ヤンニョム)づくり
など、盛りだくさん。
大きな家族のように、ゆるやかな一日を過ごせました。

あらためて皆さんに感謝。
そして、素敵な場所をいつも提供してくださる「篠原の里」にもお礼を申し上げます