ビニールハウスの移築中

ビニールハウスの移築を進めています。
3棟あるうちの一つだけ、農学校の畑に。

部材をひとつづつ外して、ビニールもはずして、あれこれやっていると結構手間がかかるものです。

長さがわずか20mのハウス、100平米ほどですが、それでもパイプ一本が20mですから、2tトラックで運べる長さに切断して運ばねばなりません。アーチの枠組みは80本になります。

この数年で、ハウスをめぐる環境はだいぶ厳しくなっています。とにかく風が険しくなった。
2月から爆弾低気圧があり、大雪があり、その空の荒れは梅雨入りまで続きます。

そして梅雨が明ければこんどは台風。
これも手ごわくなった。
今年のように直撃が繰り返されると、ベテラン農家のハウスでもあっけなくやられるのです。

というわけで、ハウスの向きや、風の当たる妻面の仕組みなど、アレコレ改良すべき点もあり、それはそれで腕の見せどころです。

でもね、がっつり動けるのは今のうち。
あと一か月で霜が降ってきます。
すぐに雪も来る。

鉄のハウスは冷えて握るだけで冷たい。
人間も冷えてくるので、合間に葛うどんなど喰いながら。

とにかく動ける時間が限られてくる。
だから今のうち。