台風24号

農業を始めて十数年で最強の台風でした。
というか田舎暮らしを始めて25年、宮古島にいた時を除けば、その中でも最強の風。

2014年の豪雪でハウスをすべて潰された苦い経験から、その後作り直したハウスは天井が両サイドとも大きく開いて風を受けない仕掛けにしてあります。
それで今回も

3つあるうちのハウス二棟は無事だったのですが、ひとつだけ育苗中のものは、天井を空けるわけにもいかないので締め切ったのですが、それが裏目に出ました。ほんのわずかな袖口のような隙間から風が天井のシートを巻き上げて、ご覧のように逆サイドまで持っていきました。左の手前もシートが裂かれてしまって、これはもうどうしようもない。おそらく全国のハウス修理でビニール資材も当分払底かもしれませんね。

それでも、手をこまねくわけにはいかない。
台風のすぐ後ろには冬が控えているのです。
あとひと月もすれば、初霜が降りてきます。

あれこれ思案を巡らせて…実は、こういうシナリオのない状況になると、
けっこう闘志がわいてくるのですね。
決まりきった作業よりも、ずっとスリリングで面白い。
それこそ夢の中でも「ああして、こうして」と策を考える。

結論として、
3つあるハウスの一つを農学校の圃場に移築する。
いまそのハウスで使っているシートをこの破れたハウスに移す。
農学校に移すハウスには、年明けに新しいシートを張る。
そんな具合です。
アレコレ試してみたいハウス改造のアイディアもあり、
今まで痛い目に遭いながら蓄えてきたノウハウもあり、
そうしたことも皆さんにお伝えしていきたいと思っています。