緑肥・クリムゾンクローバの季節

さとやま農学校の畑で、今年も見事にクリムゾンクローバーが咲き始めました。
花屋さんではキャンドルスティックという名称で親しまれていますね。

普通のクローバーよりも再生力が強く、何よりも鮮やかな赤が、新緑にくっきりアクセントを添えてくれます。
背丈もグンと伸びて、強い日差しや風から地表を守ってくれます。根圏に根粒菌などの微生物も共生して、コミュニティーをつくるのです。

野菜を創ることはつまり、野菜の育つ世界をつくること、なのですが、そのために大きな役割を果たしてくれる大事な仲間です。

森から飛んできた日本ミツバチも嬉しそうに飛びまわり、季節は夏へと向かいます。