自然栽培のハーブ フレッシュと加工品の通販

30年近く昔、まだ農学部の学生だった頃からハーブや薬草が好きで、インドや東南アジアなどを旅しては様々な薬草、スパイスを大学の農園に持ち帰ったり、自宅で育てたり、失敗も繰り返しながら寄り添ってきました。植物は、そのほとんどがなにがしかの薬効を持っているものです。

今こうして農家になり、当時の想いのままにハーブを育てています。
こちら相模湖は冬が寒いので、亜熱帯の宮古島「ゆがふ村」と提携して、亜熱帯を好むもの(ホーリーバジルや月桃など)はそちらで育てています。


ハーブ蒸留水

蒸留水(ハーブウォーター)とは、自然栽培のハーブを蒸留器にかけて採取したものです。
ハーブの中の水に溶ける成分が水蒸気とともに蒸気になって、冷やされてハーブウォーターになります。
アロマの精油ほど濃いものでないので、香りも精油より仄かですが、弱酸性なので肌にも浸透しやすくて日常的に使いやすいものです。
朝晩の化粧水として肌や頭皮に振りかけたり、汗の気になる時にはおしぼりやティッシュにしみこませて拭いてみたり、お気軽に使っていただけます。
食品ではないので賞味期限は表示されませんが、直射日光や高温を避けて数週間でお使いください。


1 レモンユーカリ (2016年に宮古島で植えた苗をこの夏収穫しています。もちろん無農薬です)
2 桃の葉 すどう農園の無農薬の桃の葉だけを使っています。昔から汗疹に効くとされる和ハーブの代表です。汗のつらい季節に肌を優しくケアしてくれます。軽くおしぼりで首筋をぬぐったりしてお使いください。
3 ホーリーバジル(ヴァナトゥルシー) これも「すどう農園」が昨年、宮古島で苗を植えてきたものです。本土では冬を越せない多年生。インドでは伝統医学(アユルベーダ)に欠かせないものとして使われます。
このほか、月桃やカキドオシなど、季節によってメニューが変わります。

¥900

  • 在庫あり
  • お届け日数:3~5日

自然栽培フレッシュハーブ 各種 300円~

お茶やチンクチュア(アルコール漬け)の素材に使えるフレッシュハーブです。
もちろん、すべて無農薬ですし、季節によって花が咲いていることもあります。
折々で香りも変化しますので、その辺もお楽しみになってください。
1 スペアミント
お茶にしても、ラム酒とあわせてモヒートにしてもよい、香り高い自然栽培のスペアミントです。
2 オレガノ
台所の調理素材に
3 ベルガモットリーフ 
果樹のベルガモットオレンジとは別物のシソ科のハーブです。
紅茶にブレンドすると、アールグレイのような上品な香りです。
タイマツバナともいわれる、炎のような花を咲かせますが、咲く期間が短いので皆さんにお届けできないのが残念なところです。
4 チアシードのリーフ
日本では珍しいものですね。
バジルの仲間なので、独特な香りをジェノベーゼやオムレツなど、料理の素材に。
チアシード(種子)は、夏を過ぎたころに収穫ですので、いま(8月現在)はまだありません。
5 桃の葉 
古来、日本では汗疹に茎薬草として桃の葉をお風呂に入れたりしてきましたが、完全無農薬の桃の葉は今は滅多にありません。
生の葉を鍋に煮たてて、その汁をお風呂に使えば汗の季節に非常に爽やかなものになります。
おしぼりで汗疹を拭いてもいいですね。
6 ティートリー 

寒さに弱いのでハウスで育てています。精油は風邪の予防にとてもよく使われますが、チンクチュアにもできます。

 

¥300

  • 在庫あり
  • お届け日数:3~5日

自然栽培・無農薬ハーブ(ドライ) 野草茶など

蕾のきれいなモノ。薬効の高い時期の花のドクダミなど、大事なタイミングでハーブ・薬草を乾燥させました。
天日だけではカビてしまうので、仕上げは乾燥機で乾燥させています。

①ブルーマロウ(タチアオイ) 花が咲く直前の蕾のものをドライにしました。レモンなどを垂らすと、さっと色が変わります。
②ドクダミ 薬効の高い花の時期のものです
③レモンバーム フレッシュだと収穫してすぐに黒ずんでしまうので、ドライにしました。お茶で爽やかな香りをお試しください。
④セントジョーンズワート 気分を落ち着かせてくれるハーブです。ただし妊娠中の方や薬を服用している方はご遠慮ください。

品切れの場合には注文をいただいてドライにするので、3日から5日ほどの日数がかかります。

¥350

  • 在庫あり
  • お届け日数:3~5日